老健通所サービスにおける新型コロナウイルス感染者発生と収束の報告

日頃、当法人の運営にご理解ご協力頂き、厚く御礼申し上げます。

この度、当法人介護老人保健施設アルテンハイム青山の通所リハビリ部門におきまして、1/14に職員の新型コロナウイルス感染(家庭内感染)が確認されましたことにより、多大なるご迷惑ご心配をお掛け致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

今回の通所職員の感染については、家庭内感染が確認された職員は他医療機関に入院中ですが、保健所の指導の下、濃厚接触者と認定された通所利用者様全員及び通所職員全員とその他の通所利用者様全員、接触が確認された職員全員に2週に渡り2回のPCR検査を実施し、全員陰性と確認されました。

通所リハビリ部門において、感染した職員の最終出勤日1/8から利用者様及び職員への感染が2週間以上確認されませんので、感染拡大の危険性は低いと判断致しました。

つきましては、1月27日(水)より通所リハビリサービスを再開することと致します。

大変ご迷惑ご心配をお掛け致しましたが、今後は今まで以上に感染予防に留意し、法人運営を行ってまいりますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

尚、当法人他事業所(遠山病院、とおやま居宅介護支援事業所、通所リハビリテーション鷹匠小路、訪問看護ステーション虹ノ橋、サービス付き高齢者向け住宅グレイス明治橋)につきましては、感染対策に留意し通常の営業体制を行っております。

各関係各所には、FAX及びメールにて発生及び収束の連絡を行っておりましたが、HP上での報告が遅れ、誠に申し訳ありませんでした。